妊娠中の葉酸の摂取時期

MENU

葉酸サプリは産後も飲み続けよう

妊娠中葉酸が大切なのは、初期の段階に不足すると胎児に神経管閉鎖障害が起こりやすくなるためです。
ですが、この他に葉酸にはDNAを合成、貧血予防、つわりの軽減、造血を助けるといった働きもあるため、妊娠していなくても摂りたい栄養素の一つとなっています。

 

妊娠中葉酸の摂取をいつまでしたらよいのか悩みますが、特に注意して摂る必要があるのは、妊娠前から妊娠初期です。
厚生労働省でも葉酸をとるように示しており、妊娠3か月までは、栄養補助食品などを用いながら1日400?を摂ります。

 

妊娠中期、後期においても栄養は胎盤を通じてお腹の赤ちゃんに行くため葉酸を摂る必要があります。
あまりに不足してしまうと胎児においては、細胞分裂がうまくいかず低体重になってしまったり、妊婦においても悪性貧血を起こしてしまったりします。

 

産後では、子宮の回復が遅れる、母乳がうまく出ない、母乳の質が悪くなるといったことが起こります。
そのため妊娠中だけでなく、授乳期においても葉酸は大切な栄養素となります。

 

葉酸は、枝豆やブロッコリー、モロヘイヤ、芽キャベツ、ほうれん草、水菜、といった野菜や、いちご、納豆、レバーにも含まれています。
多いのはレバーですが、レバーの場合摂る量が多いとビタミンAの過剰摂取に繋がってしまい、胎児が水頭症になってしまう危険性があります。
安全に摂れるのは野菜類であるので、野菜を意識して食べると良いでしょう。

 

野菜は1日350g程度とると、まかなうことができます。
なお、葉酸は加熱したり、洗ったりすると栄養素が流れ出てしまう性質があります。

 

食事から摂るのが基本であるので、電子レンジを活用したり、吸収率を高めるビタミンCやビタミンB12と共に食べたりします。
ですが、妊娠中は体調の変化もあり、食事に気を配るのが難しいこともあります。

 

葉酸は体内の吸収率は半分以下となってしまうこともあるので、サプリをうまく活用すると良いでしょう。