葉酸と漢方の飲み合わせと飲み方

MENU

葉酸サプリと漢方薬は一緒に飲んでもOK

不妊でも自然なかたちで赤ちゃんを授かるなら漢方を使った治療が良い方法です。
この治療は体本来の機能を元に戻して自然に赤ちゃんができることが期待できます。

 

植物の生薬からの漢方薬は東洋医学で赤ちゃんができない原因を改善する生薬を調合して飲むことで1?3ヶ月程度で体質が改善されて卵巣機能の向上や着床率アップなど妊娠に必要な環境が整い自然なかたちで赤ちゃんができやすくなります。

 

一般的な治療はホルモン治療など化学物質を使うため体への負担も大きく調査による赤ちゃんができる率は10?15%程度ですが、生薬を使った治療は体に負担がなく体の根本から不妊の原因が改善されるため赤ちゃんができやすくなる確率も高くなるのです。

 

自分に合ったものを選ぶには専門の薬局で赤ちゃんが欲しい旨伝えると体の状態を脈を診るなど調査します。
ドラッグストアにもありますが、生薬の種類や質が異なるため、効能十分ではなく、脈を診たりしないため自分に合っているものが選べるとは限らないため専門の薬局で処方してもらうことが良い選択です。

 

妊娠中に摂取するべき栄養素のひとつ葉酸も赤ちゃんを希望する場合には摂るものですが、漢方との飲み合わせは問題がなく併用して飲むことの相乗効果で健康な子供をもつことが可能です。

 

赤ちゃんを希望するために漢方薬を飲むことは血流を改善し、葉酸の栄養が体に行き渡りやすくなります。
また葉酸サプリには造血作用があり、血を補うことで漢方の血流改善が高まり自然なかたちで赤ちゃんができやすくなるのです。

 

併用することは良いことですが、同時に摂取するのではなくずらして飲むことが必要です。
同時に飲むことで成分が混ざってしまい効果が低下することが考えられます。

 

どちらも併用して飲むことは赤ちゃんができる確率を上げることにもつながるため良い方法と言えますが、不規則な生活や睡眠不足、食生活の乱れなど生活習慣が乱れているとサプリで摂った栄養素からの高い効能などが期待できないため規則正しい生活をすることは基本的なこととして見直す必要があります。