マカは不妊に効果のある食材

MENU

女性にもおすすめのマカの効果

マカは南米のペルーを原産地とする植物で、ビタミンやミネラルなど、身体に必要な栄養素を豊富に含んでいることで有名です。
その効果としては、滋養強壮、ホルモンバランスの改善、ストレス解消などさまざまなものが挙げられます。

 

そして女性の場合は生理不順や冷え性の改善などの他、不妊の場合にも効果があると言われています。
この食材にはアミノ酸の一種であるリジンが含まれていますが、リジンは生殖機能を活性化し、受胎環境を整えるため、不妊解消に役立つとされています。
女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進し、バランスを整える効果があるので、生理不順や更年期障害の解消も期待できます。

 

これを摂ることによって皮膚の新陳代謝が促進されるので、肌の老化を防止したり、肌荒れを防ぐことが可能となります。
そして、これは体に良い貴重な食材で、特に不妊の場合にお勧めできますが、これと同じように、妊活に使えるものとして葉酸が挙げられます。

 

こちらはほうれん草などに含まれる水溶性のビタミンで、健康に必要な成分ですが、妊娠に関して言えば、受精卵の着床をサポートすることで、妊娠しやすい体内環境を作るので、妊活中の場合にも適していると言うことができます。
葉酸の場合も、妊活だけでなく血流を良くしたり、高血圧や心臓病予防に役立つなど、全身の健康に対しても大切な作用を持っています。

 

以上のようにマカも葉酸も、妊娠を望む場合に役に立つ可能性が高く、これらを使ったサプリもたくさん販売されています。
男性が飲んでもプラスになるようなものなので、夫婦で飲むようにするのも良いでしょう。

 

どちらも植物からとれるもので、基本的には副作用を心配することはないのですが、サプリで摂る場合には過剰摂取にならないように気をつけるべきです。
葉酸の場合は妊娠中に摂ることが推奨されていますが、マカの場合は妊娠中は避けた方が良いという意見もあるので、不安なときには医師に相談してみることをお勧めします。