妊娠に大切な葉酸サプリを飲み忘れたら

MENU

葉酸サプリは飲み忘れても多く飲まないで

妊娠中や妊活中に必要な栄養素に葉酸があります。

 

初期において不足してしまうと胎児が神経管閉鎖障害になってしまうことがあり、二分脊椎や無脳症のリスクが高くなってしまいます。
妊娠中期には、母体に影響が出ることがあり、悪性貧血になることもあります。細胞分裂や造血作用、DNAの合成など体にとって大切な働きをしている栄養素であるので、意識して摂ることが必要となります。

 

食事からとる場合、気を付けなくてはならない点があります。
水に溶けやすい性質があるため、長時間水にさらしてしまうと栄養分が少なくなります。

 

加熱した場合も少なくなります。体内での吸収率は50%となるので、野菜を食べすぎてしまった、というぐらい食べないと、1日の摂取量を満たすことはできにくくなります。
電子レンジを活用する、煮汁もしっかりと飲むということをしてみましょう。

 

1日の摂取量は妊婦の場合400?となっています。
野菜では1日に350g以上とらないとならず、冬など時期によっては野菜が手に入りにくいこともあります。
食べ忘れ、飲み忘れがないためにはサプリメントを服用すると良いでしょう。

 

服用方法は企業によって異なりますが、食事と共に服用しても大丈夫です。
ですが、紅茶や緑茶、ウーロン茶といったタンニンを含んでいる飲み物と一緒にとってしまうと葉酸の吸収率は低くなってしまいます。
服用する場合は、水か白湯で行うようにしましょう。

 

吸収率を高めるには、ビタミンCやビタミンB16などの栄養素と共にとると良いです。柑橘系の果物を食べるなど工夫をしてみます。

 

飲み忘れてしまった場合、多く服用するのはやめます。
水溶性ビタミンとはいえ1日の量が決められているので、多く服用すると赤ちゃんに影響が出てしまうこともあります。

 

産後においても葉酸は必要な栄養素となります。
母乳で赤ちゃんを育てる場合、良質な母乳が出てくるのをサポートしてくれます。
また、お母さんにおいても産後の子宮回復に効果を示します健康を維持するためにも継続して摂りいれるようにします。